銀行カードローンの利用体験談!記事一覧

昔働き始めた頃にどうしても生活費が足りなく借りに行きました。今よりも昔は審査が非常に甘く、カード上限も20万ほどで良かったのですが、武富士の方に一様50万にしといて必要な分だけ借りたらいいと進められてその通りに融資してもらいました。今思えば金融機関は利子が欲しいんですからすっかり騙された気分です。20万の利子と50万の利子では金額が違いますよね。私は無知すぎでした。いきなり50万の現金を手にして気...

カードローンとフリーローンの決定的な違いは、カードローンは限度額の範囲内で枠が残っている場合は、何度でも引き出すことができますが、フリーローンは返済を続けて利用枠が出ても、あらたに引き出すことはできないのです。ここでは便宜上「引き出す」という言葉を使っていますが、正確には「借りる」ということです。つまり、カードローンは毎月の定額返済を続けているかぎり、枠内で何度でも自由に限度額まで借りることができ...

銀行カードローンとは用途目的を問わないローン商品です。従来、ローン商品は、住宅ローンやマイカーローンなど、使用目的に合わせてしか使えず、融資先も販売店やメーカに支払われます。その点、カードローンは、融資の審査内容に資金の使用目的は含まれず、原則自由に資金を利用できます。これが基本的な銀行カードローンの仕組みです。ですので、カードローンはどこの銀行も比較的簡単にローンが組めますが、その銀行カードロー...

消費者金融に比べて銀行のカードローンのメリットとして、金利が低いことが魅力です。カードローンの金利を4〜15%としている銀行が多いのに対して、消費者金融は、だいたい5〜18%が相場のようです。金利によって返済額に大きな違いがでてくるため、よく調べてから申し込むとよいでしょう。また、貸金業法改正により、借入金額に応じて金利は15〜20%と定められました。それを超える場合には「過払い請求」をすれば差額...

カードローンを選ぶ時には大きく分けて二つの選択肢があると言えます。一つ目は大手銀行カードローン。二つ目は消費者金融が提供するカードローンです。それぞれに借りる際のメリット・デメリットが存在します。例えば、銀行カードローンの大きなメリットは大手銀行ならではの金利の安さです。金利は返済の時に大きく関わってくるものなのて、チェックは重要です。それに対して消費者金融カードローンは少々金利は高めの設定です。...

我々がたいして困っていない時というのは、こんな事があって大変なのっと言った具合に、結構誰にでも、人に言いまくる事があります。困っている事をひけらかす感じです。しかし、本当に手の打ちような無いくらい、どうしようも無い程に、困っている時っと言うのは、そんな風に誰にでも言えないものなのです。困り過ぎて絶句してしまうものなのです。その対処と言うのは、人に言わず、たった一人で考え込むのでしょう、そして、解決...

ライフスタイルを安定的なものにするのには、平凡な暮らしを心がけて、高望み無しに、コツコツ節約すると良いといいますが、そのコツコツ貯めたお金は、とんでも無い不運に、見舞われたら一気に失ってしまいます。そんな失ったお金は、遺産や懸賞やくじに当たらない限り、また同じようにコツコツ貯めていかないといけません。そんな繰り返しの日々を過ごしている時に、お金が少し足りないとなったのなら、お金をある程度融通できて...