一般的な銀行カードローンの仕組み

銀行カードローンとは用途目的を問わないローン商品です。従来、ローン商品は、住宅ローンやマイカーローンなど、使用目的に合わせてしか使えず、融資先も販売店やメーカに支払われます。その点、カードローンは、融資の審査内容に資金の使用目的は含まれず、原則自由に資金を利用できます。これが基本的な銀行カードローンの仕組みです。ですので、カードローンはどこの銀行も比較的簡単にローンが組めますが、その銀行カードローンの仕組み上、他のローン商品に比べて金利は高くなります。そのため無計画にカードローンを組むと、カードローンを返済できなくなり、また違うカードローンを組むという、多重債務に陥る場合があります。それに、カードローンのほとんどのものが「資金使途が借り換えの場合は不可」のものが多いですので、注意して下さい。銀行カードローンの他に、実は銀行系カードローンというものがあります。「銀行」と「銀行系」と何が違うのでしょうか。これはただ単に「銀行が融資してくれる」のか「銀行がバックアップしてくれている業者が融資してくれる」のかという違いだけです。ですので、銀行カードローンの仕組みと銀行系カードローンの仕組みは、その仕組自体はさほどの違いはありません。では何が違うのかと言えば、大きな違いは金利です。銀行はバックアップしてくれているだけで、金利は業者が決めます。ですので、どうしても銀行系カードローンは、銀行カードローンより金利が高くなってしまいがちです。その分、銀行系カードローンは銀行カードローンんより審査が甘くなっているところが、ほとんどです。どちらを借りるにしても、メリット、デメリットはあります。それらをよく熟慮して、十分計画を立ててからローンを組むようにして下さい。