銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

カードローンを選ぶ時には大きく分けて二つの選択肢があると言えます。一つ目は大手銀行カードローン。二つ目は消費者金融が提供するカードローンです。それぞれに借りる際のメリット・デメリットが存在します。

 

 

 

例えば、銀行カードローンの大きなメリットは大手銀行ならではの金利の安さです。金利は返済の時に大きく関わってくるものなのて、チェックは重要です。

 

それに対して消費者金融カードローンは少々金利は高めの設定です。しかし、その高めの金利をカバーする様々なサービスが充実しています。

 

 

 

大手消費者金融カードローンでは、多くの企業で3秒審査、Web契約などを採用しています。まず融資可能かを簡単にその場で審査し、可能ならばWeb上から必要事項を記入して企業に送ります。その後本人確認・在籍確認の電話が済み、契約が完了します。このように、現在では来店しなくても契約できるWeb契約が主流になっています。

 

 

 

また、多くの消費者金融カードローンでは、主婦や学生であっても安定した収入があればOKというローンもあります。さらに、初めてのカードローンで抵抗がある、という女性のために、女性専用のフリーコールを用意している企業もあります。

 

消費者金融のイメージを払拭するような様々な広告も発信されています。消費者金融カードローンは以前に比べ、ずっと借りやすくなったと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

銀行カードローンはやはり銀行という信頼置ける機関によるカードローンのため、安心して借りることができます。 消費者金融カードローンは急にお金が必要になった時の消費者の味方となるでしょう。